「スプレッド」とは外為取引は二国間の通貨をトレードして収益を稼ぐ商品です。買ったり売ったりの価格は上下しています。これが為替市場です。インターネットでニュースをみていると、通貨のニュースが流れる場合があります。たとえば、「ただいまの為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。それは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという事を表しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを表示しています。言い換えると、取引には、買値と売値の2個の価格が存在している事を表しています。売値、買値ではなく、BID、ASKと示しているFX取引会社もあります。平常時には売値の方が低く設定されるものです。現実に買値は高く、売値は安くなるのが一般的です。この差をスプレッドといい取引業者の収入のひとつといわれています。スプレッドの広さは業者によって異なります。スプレッド幅は投資家にとって経費になるので、低いFX会社を選択するほうが有利になります。ただし、同じFX取引会社でも場合によってスプレッドの幅は広くなったり狭くなったりします。通常時は円とドルの組合せで1銭のスプレッド幅であっても、相場の上下動がとても激しい状態では大きくなったりする状況があります。という事で、スプレッドの広さが狭いのと合わせて、変化が小さいのが重要です。固定したスプレッドの幅を表示する業者もたくさん存在します。実際にFX会社の取引画面上で為替レートをチェックしなければわからないので手間がかかりますが、不可欠な事です。多くの資金を投資してエントリーしますので売り買いの前に関心がある会社の新規取引口座開設を遠慮せずにして表示されているスプレッド幅をチェックしましょう。同じ外貨でも為替相場の条件によってスプレッドの幅は異なります。いつもはインターバンク相場で売買高が多いペアではスプレッド幅が小さく、他の通貨ではスプレッドの広さが大きくなるのが普通です。

Copyright © 2002 www.agapetremont.com All Rights Reserved.