外国為替証拠金取引(FX)の良いところはたった一つの投資の商品であるにもかかわらず、資金投下の期間を「短期」「中期」「長期」の3種類の期間からどの種類をチョイスするのかにより資本の投下の手法がまったく異なるところにあります。外貨に対して投入する「長期の投資」を詳しく見てみましょう。長期のスタンスというものは、一年以上の投資が基本とされています。まず為替の相場で一年以上先の為替レートが円高だろうか、それとも円安かどうかを考えるのは、多くは苦難なはずです。実際のところ、「そんなに先の情勢はわからない」と思うのが当然のことだからです。見当もつかないことを頭を使って予言しようにも、無意味なものです。そういう訳で他の貨幣を買ったら、その時点での価格よりも円高でもそれは待っていれば戻ってくるはずだというポジティブな感じで向き合うのが良いでしょう。為替差益を無理に目指すことに限定せず、それ以外の収益、それはスワップ金利で稼ぐというのを初めのターゲットと決めてやってみましょう。当然短期的に為替変動の損が非常に大きくなってしまうことがあります。したがってその差損にも耐えられるようにレバレッジをできるだけ少なめに設定するのが大切です。外国為替証拠金取引は、損が決まった金額以上に増えると、追い証を出さなければならなくなったり、それともストップロス(ロスカット)になってしまったりします。ロスカットがかかったら、その時点でやり取りをフィニッシュせざるを得なくなり長期の取引はストップします。こんなリスクを避けるにはレバレッジ2?3倍にして取引するべきです。今度は中期の投資を狙ったやり取りを見てみましょう。中期のスタンスの場合は最大でも2ヶ月程度後を予想しての売り買いであります。為替売買の時は、約1ヶ月後のことはほとんどの場合先読みしやすいでしょう。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)などのような世界的な議会であったり、為替市場に参加している人たちがどのようなポイントに着目しているかを確認すれば、おおよそ予測できると思います。このようなファンダメンタルズを見る一方で、チャートをチェックすることによって為替のレートのレベルをわかるようになりどちらのポジションかを見定めるのがベストです。基本的に、経済の基礎的条件とジャッジの両方で良い方向でありまたは買いが一致していればほぼその様に動いていくと考えて大丈夫です。そういった時はポジションを増やしておけばより多くの利益を得られるのです。最後は短期のトレードのコツ。ここでの短期スタンスはいわゆるデイトレーディングのことを示しています。為替市場でデイトレをするには経済の状況は決して影響しないと断言します。というのはあくる日の相場の変化に経済情勢は絡んでいないからです。ここで最大のミソは目を引く行事がある際、そのためにレートが著しく変化するチャンスを待ってトレードしましょう。例としてアメリカ合衆国において雇用の統計が公布されるそれとも金利政策などにより制作金利が動くような催し。このようなチャンスに変動をものにするという意味合いで、短期トレードでは技術的な情報が必要になる。

Copyright © 2002 www.agapetremont.com All Rights Reserved.